アメリカ生活いろはのい〜テキサスからカリフォルニアへ移住〜

国際結婚した主婦のゆる〜りアメリカ生活

アメリカのホットケーキミックス(Pancake Mix)@Aunt Jemima(アントジェミマ)

アメリカのホットケーキミックス(Pancake Mix)のご紹介の第二弾です。
ちなみに第一弾は、こちらの記事になります。

americanlife.hatenablog.com


お水と混ぜるだけでホットケーキ(Pancake)が作れる『 COMPLETE 』タイプ

f:id:americanlife:20180319070628j:plain



こちらもアメリカでは本当に有名なホットケーキミックス(Pancake Mix)のAunt Jemima(アントジェミマ)は、アメリカの一般的なスーパーならどこでも手に入れられます。



作り方も本当に簡単で、この写真のタイプの『 COMPLETE 』はミックス粉にお水を混ぜて焼くだけでいいんです。



卵も牛乳も入れないなんて、初めて見た時は少し衝撃を受けました。
これだけで美味しいホットケーキ(Pancake)が出来るなんて思えなかったので。。。


日本のホットケーキ(Pancake)に近い味のAunt Jemima

でも食べてみると思いのほか美味しくて、さらにビックリしましたε-(´∀`; )
ふわっとしながら、少しもっちり感もあります。



こちらも日本のようには甘くありませんが、Bispuick(ビスクイック)のように塩味が強くないので、食べやすくてオススメです。



なので、日本のホットケーキ(Pancake)に慣れ親しんでいる場合には、アメリカではこちらのAunt Jemima(アントジェミマ)から食べ始めると良いと思います。
私も初めて食べたアメリカのホットケーキ(Pancake)は、これでした。



パッケージの紙箱に直接ミックス粉が入っている

ミックス粉が袋ではなく直接パッケージの紙箱に入っているのは少し残念。
衛生的にはあまり良くないような気がして心配にはなります。
それでも今まで問題なく食べれているので、大丈夫だとは思いますが。。。



そういう所は、やっぱりアメリカならではだなぁと思ってしまいます(笑)
だってたまに粉が、箱から漏れてる時があったりするので。。。
日本ではあり得ないことですよね。


味もタイプも二種類ある

味は、Original(オリジナル)とButtermilk(バターミルク)で、ミックス粉は、卵と牛乳を加える『 ノーマル 』タイプと水のみを加える『 COMPLETE 』タイプの二種類があります。



それぞれ食べたことがありますが、味に大きな違いがあるようには感じませんでした。



なので私は、とっても手軽に作れる『 COMPLETE 』タイプのOriginal(オリジナル)味を常備するようにしています。
これさえあれば、簡単にいつでも作れるので重宝しています。



実は、今朝も娘と二人で作りました。
今回は粉が少し多かったようで、さらにモチモチ感が増して美味しかったです。

f:id:americanlife:20161113063754j:plain