アメリカ生活いろはのい〜テキサスからカリフォルニアへ移住〜

国際結婚した主婦のゆる〜りアメリカ生活

映画『 ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 』実話じゃなくても感動のヒューマンドラマ


以前から気になっていた映画『 ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 』をようやく観ることができました。その年のアカデミー賞でも話題になり、ぜひ一度は観たい!と思っていた映画のひとつです。


「 実話による感動作品 」との紹介だったので、どこまでが実話なのかが気になり調べてみました。でもどうやらそれは、少し違っていたようです。。。


映画『 ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 』とは

2011年にアメリカで公開された映画(原題 : The Help)です。1960年代の公民権運動を背景とした、アメリカ南部(ミシシッピー州ジャクソン)を舞台に、人種差別が公然と続けられる町で必死に生きる「 ヘルプ 」と呼ばれていた黒人メイドたちを描いた物語です。


公民権運動(こうみんけんうんどう/Civil Rights Movement)
1950年代,60年代に全米を席捲した,マイノリティ,特に黒人が,憲法で認められた個人の権利の保障を訴えた運動。

公民権運動(こうみんけんうんどう)とは - コトバンク



そんな時代の中で、主人公である作家志望の白人女性のスキーター(Skeeter)が、黒人メイドを差別する白人至上主義に疑問を抱き、人種差別を告発する本を出版するために黒人メイドであるエイビリーン(Aibileen)やミニー(Minny)に取材をし、友情が育まれていくことがより感動的な映画となっていると思います。


これがすべて実話だとしたら、本当に凄い!!と思いました。でも実際はそうではありませんでした。実在する人物をモチーフにしてはいますが、すべてが実話ということではなく、原作となる小説がありました。


原作はキャスリン・ストケットのアメリカのベストセラー小説『 The Help 』

キャスリン・ストケット(Kathryn Stockett)の処女作となる小説で、2009年にアメリカで発売され映画と同名の『 The Help 』が原作となっています。


なお、この小説を書きあげるまでに5年も費やしたにもかかわらず、出版が決まるまでに60名のエージェントに断り続けられたんだそうです。それでも諦めることなく頑張り続けてエージェントを見つけ、最終的にはニューヨークタイムズ誌のベストセラーランキング1位となり、103週に渡ってランクイン!するほどの人気作となり全米では1130万部のミリオンセラーというから凄いです。






「 自分が映画にする! 」と励まし続けたテイト・テイラーが監督を務めた

また本作と同じように小説となり映画となるまでには、感動の友情物語がありました。それは原作者のキャスリン・ストケットと映画監督を務めたテイト・テイラー(Tate Taylor)が幼馴染で、エージェントが決まるまでの間、テイラーが「 諦めるな! たとえ出版されなくても自分が映画にする! 」と励まし続けたんだそうです。


そして、ようやくエージェントが決まると、小説が出版される前に映画化権をストケットがテイラーに渡し、約束どおり映画となり、興行収入1位を獲得し、大ヒットを記録しました。


映画が実話と紹介されるのは原作者キャスリン・ストケットに理由がある⁈

そうなんです。実話を小説にした訳でもないのに映画が実話だと言われているのは、原作者であるキャスリン・ストケットが小説の舞台となっているミシシッピー州ジャクソンの出身であることと、実際に黒人メイドに育てられたというのが大きいようです。


ただ、黒人メイドの当時の状況はまったくの作り話ということではなく、実在する人物がいたとされるように、実際にひどい扱いを受けていたりもしたようです。


第84回アカデミー賞で助演女優賞を受賞したオクタヴィア・スペンサー

評論家からも高く評価され、2012年2月26日に開催された第84回アカデミー賞では、4部門にノミネートされました。そして黒人メイドのミニーを演じたオクタビィア・スペンサー(Octavia Spencer)が助演女優賞を受賞しました。


なお、オクタビィア・スペンサーは原作者のキャスリン・ストケットと幼馴染であるテイト・テイラーとも古くからの友人だそうです。ストケットによると、執筆しているときミニーのイメージをスペンサーに重ね合わせていたと語っているそうなので、まさにハマリ役で助演女優賞の受賞も当然!だったということですね。


U-NEXTの見放題にて2018年6月30日まで配信中


私も今回、このU-NEXTの無料トライアルを利用して視聴しました。有料となる作品もありますが、トライアル期間中は見放題の作品はすべて無料で視聴することができます。


▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣
本ページの情報は2017年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣