アメリカ生活いろはのい〜テキサスからカリフォルニアへ移住〜

国際結婚した主婦のゆる〜りアメリカ生活

歯の妖精(Tooth Fairy/トゥース・フェアリー)がやって来ない⁈

f:id:americanlife:20190218072612j:plain


先日、娘の歯が抜けました。もうこれで5本目になります。日本だと歯が抜けたからといって、特別に楽しいことがある訳ではありませんが、アメリカでは少し違います。


枕の下に歯を置いて眠ると、夜中に歯の妖精(Tooth Fairy/トゥース・フェアリー)がやって来て、抜けた歯の換りにお金を置いていってくれるんです。そのためアメリカの子供たちは、歯が抜けるのをとても楽しみにしています。


歯の妖精(Tooth Fairy/トゥース・フェアリー)はヨーロッパやアメリカに伝わる迷信

アメリカだけではなく、ヨーロッパでも歯の妖精(Tooth Fairy/トゥース・フェアリー)がやって来るとされています。


歯の妖精(ドイツ語: Zahnfee, 英語: Tooth fairy, フランス語: la Petite Souris, スペイン語: Ratoncito Pérez)とは、抜けた乳歯をコイン(場合によってはプレゼント)に交換してくれる妖精である。


西洋においては、抜けた乳歯を枕の下に入れて寝ると、翌朝歯の妖精がそれをコイン(アメリカにおいてはクオーターが多い)あるいはプレゼントに交換してくれるという言い伝えがある。

歯の妖精 - Wikipedia


抜けた歯は容器などに入れて枕の下に置く

抜けた歯は、無くさないようにTooth Holder(トゥース・ホルダー)の容器などに入れて、枕の下に置いて眠るのが一般的です。

Tooth Holder(トゥース・ホルダー)

わが家では、Tooth Holder(トゥース・ホルダー)のひとつであるLucky Tooth Treasure Chestに入れて枕の下に置きました。ちなみにこれは、娘が歯医者に行った時に、おまけのオモチャで貰ったのと同じものです。

Tooth Fairy Pillow(トゥース・フェアリー・ピロー)


初めて知りましたが、抜けた歯を入れられるポケットが付いた枕Tooth Fairy Embroidered Pillowもあります。この場合は、ポケットにTooth Holder(トゥース・ホルダー)を入れたTooth Fairy Pillow(トゥース・フェアリー・ピロー)を、枕元に置いて眠ります。


Tooth Fairy(トゥース・フェアリー)はいくらのお金を置いていってくれる?

そこで気になるのが、いくらのお金に換えるのかということです。これは家庭によって違うようで、正確にいくらと決まっている訳ではありません。ただし、Tooth Fairy(トゥース・フェアリー)の絵本によると、「 歯をコインに交換する 」と書かれているものが多いということです。


そのため以前は、クオーターの25セント硬貨に交換することが多かったようです。でも最近では、1ドル札に交換するところも増えているそうです。その数についても、1~数枚とかなりまちまちです。

3ドルと交換することに決めました。

色々と考えてわが家では、3ドルと交換することに決めました。初めて抜けた歯の2本は、残念ながら無くしてしまい交換することができなかったこともあり、少し奮発することにしました。また知らないうちに抜けて、これからも無くすこともあるかもしれませんが。。。


2日間Tooth Fairy(トゥース・フェアリー)が来なかった。。。

当然ですが、Tooth Fairy(トゥース・フェアリー)は歯が抜けた日の夜にやって来ます。ですがわが家では、2日間やって来ませんでした。


先日、歯が抜けた夜のことですが、初日は抜けた歯を枕の下ではなくドレッサーに置いたままにしていました。そのため、お金とは交換しませんでした。私がすっかり忘れていた、ということもありますが。。。 (´∀`;)


そして翌日の夜、その日はキチンと枕の下に置いて眠りました。そうじゃないと、Tooth Fairy(トゥース・フェアリー)は来てくれないってことになりました。


が、しかし。。。
私がまた忘れてしまい。。。来ませんでした。。。щ(´□`)щ オーマイガーッ!!


娘はTooth Fairy(トゥース・フェアリー)が来てくれない!何でー⁇と、かなり残念がっていました。忙しくて来れなかったのかもと、無理やり⁈来れなかった理由を作りだして、納得するようにしていました。


そして3日目の夜にようやく、Tooth Fairy(トゥース・フェアリー)が来たー!!と、翌朝お金を見つけて大喜びしていました。


抜けた歯のその後

歯の妖精が持っていった歯は、その後どうなるのかというと、キレイに洗浄して乳歯ケース(Tooth Box/トゥース・ボックス)で保存するのが一般的なようです。


オキシドール(Hydrogen Peroxide/ハイドロゲン・ペロキシード)


オキシドールHydrogen Peroxideは、薬局やスーパーで販売されています。洗浄方法はとても簡単で、抜けた歯をオキシドールに漬け込み、一晩寝かせるだけです。すると翌朝には、血液やたんぱく質などが落ちて、真っ白いキレイな歯になります。


乳歯ケース(Tooth Box/トゥース・ボックス)


Baby Tooth Album - Tooth Fairy Land Collection - Girlは、乳歯ケース(Tooth Box/トゥース・ボックス)と顔写真、歯の記録が残せるアルバムになっています。わが家でも購入しようかと検討しています。またいつ頃どの歯が抜けるのか書かれているので、とても参考になります。


ひとくちメモ

歯が抜け始めるのは6歳頃からで、12歳頃までに20本の歯が「 乳歯 」から「 永久歯 」へ生えかわります。


歯の妖精(Tooth Fairy/トゥース・フェアリー)のまとめ

アメリカではお金が貰えることもあり、歯が抜けるのをとても楽しみにしている子供たちが多いのも納得できます。これからは忘れずに、その日の夜にちゃんと歯の妖精(Tooth Fairy/トゥース・フェアリー)が来てくれるように気をつけます。