アメリカ生活いろはのい〜テキサスからカリフォルニアへ移住〜

国際結婚した主婦のゆる〜りアメリカ生活

アメリカの古いパスポートと出生証明書(Birth Certificate)の原本が届きました。

f:id:americanlife:20170213150443j:plain


二人の娘のアメリカのパスポートの申請の時に提出していた、「 古いパスポート 」と「 出生証明書(Birth Certificate)の原本 」が無事に届きました。


パスポートの新規申請は、こちらの記事になります。
www.americalife.net


パスポートの更新申請は、こちらの記事になります。
www.americalife.net



大丈夫だろうとは思っていましたが、やっぱりちゃんと手元に届くまでは少し心配していたんです。特に出生証明書(Birth Certificate)は原本なので、紛失すると本当に困ってしまうので。。。

古いパスポートと出生証明書は『 First-Class Mail(ファーストクラスメール/普通郵便) 』で届いた

別々に発送されてはいましたが、二つとも同じ日に届きました。
ちなみに「 新しいパスポート 」が届いた翌営業日のことで、土日を挟んでいたので3日後になります。


日本と違い古いパスポートは、表紙と顔写真のページがホチキスで留められていて、少し大きめの二つの穴が開けられていました。(上の写真で確認できます。)


確か日本だと小さい穴がいくつか開けられたと記憶していますが、どうでしょうか⁈数年前のことなので、少し記憶が曖昧ですが。。。


これでアメリカのパスポートの申請から受け取りまでの、全ての手続きが完了したことになり一安心です。

アメリカのパスポートでは出入国のスタンプは押さない

二重国籍を持つ娘のアメリカのパスポートを使用するようになって、驚いたことがあります。それは、アメリカでは自分の国の出入国スタンプを押さないということです。


そのため、日本とアメリカしか行き来していない娘(長女)の古いパスポートは、スタンプが1個も押されていません。キレイなままで使用済みとなりました。


日本では当たり前に出入国スタンプを押していたので、アメリカではその必要がないというのを知り、とても驚きました。


アメリカでは日本のような「 住民票 」システムとかがある訳ではないので、特に確認が必要になることが無いってことなんでしょうか⁈


また、アメリカに外国人が入国する時は厳しくチェックをするのに、出国に関してはかなり自由というのも衝撃的でした。
出国スタンプを押す必要もないので、楽ではあるんですけどね(*´∀`*)

アメリカのパスポートの申請から受け取りまでの流れ

今回のまとめとして、アメリカのパスポートの申請から受け取りまでの流れを書いておきます。

パスポートの新規申請から受け取り

【 申請に必要だったモノ 】 *1:2017年1月現在
  1. 申請用紙『 DS-11フォーム 』
  2. アメリカの出生証明書(Birth Cetificate)の原本…1通
  3. 親の身分証明書
  4. パスポート用写真…1枚
    *郵便局(USPS)のオフィスでの写真撮影料…15ドル(2枚セット)*1
  5. パスポート申請料…105ドル
    *パスポート申請料80ドル + 発行手数料25ドル*1


【 申請から受け取りまでの期間 】
  • 2017年1月10日(火)…パスポートの申請
  • 2017年1月28日(土)…パスポートの受け取り(Priority Mailにて届いた)
  • 2017年1月30日(月)…出生証明書(Birth Certificate)原本の受け取り(First Class Mailにて届いた)


パスポートの更新申請から受け取り(有効期限内の更新)

【 申請に必要だったモノ 】 *1:2017年1月現在
  1. 申請用紙『 DS-11フォーム 』
  2. 古いパスポート
  3. 親の身分証明書
  4. パスポート用写真…1枚
    *郵便局(USPS)のオフィスでの写真撮影料…15ドル(2枚セット)*1
  5. パスポート申請料…105ドル
    *パスポート申請料80ドル + 発行手数料25ドル*1


【 申請から受け取りまでの期間 】
  • 2017年1月14日(土)…パスポートの更新申請
  • 2017年1月27日(金)…パスポートの受け取り(Priority Mailにて届いた)
  • 2017年1月30日(月)…古いパスポートの受け取り(First Class Mailにて届いた)




申請から発行までは、3〜4週間は掛かると聞いていましたが、実際には2〜3週間で受け取ることができました。時期や申請場所により変わるとも思いますが、参考になれば嬉しいです。